紅茶いろ色

 

紅茶ファンのみなさまには嬉しいお知らせ。

今年2018年のダージリン紅茶は、セカンドフラッシュもとっても出来が良いです。

 

去年のストライキの後、

これまでの紅茶作りの流れが一旦ストップしたことで、

いろんなGiftがありました。

 

例えは

ファーストフラッシュの時、ジュンパナ茶園の一番茶は

桃みたいに甘かった!

このとろりとした優しい甘さは、まだ寒かった3月時期、

私の周りを一瞬にして春に変えてくれたし~、

セカンドフラッシュのマスカテルフレーバーは、

奥行きと深みがあって、飲むほどに新しい印象を発見します。

 

ちょっと価格は上がりましたが、

ダージリン、完全復活

 

スペシャルティーの中で、キャッスルトン茶園の紅茶をテイスティングした時は、

フローラルでエレガントな香りに魅了され、

花束を抱えているような気持ちになりました(^^♪

 

花束といえば~

森瑤子さんのエッセイのなかで、

女性がプロポーズを受けるための条件として、

2つを男性に伝える場面が記憶に残っています。

 

わがままな2つのお願いは

   お誕生日に雪が降ること、

    100種類の小さなお花を束にしてプレゼントして欲しい、とのリクエスト。

 

この日、幸せな偶然は、二人のいた場所に雪を降らせ

男性の用意した花束は、

実際はフローラルな香りを集めて作った香水だった

 

こんなロマンティックなことを思いつく男性のプロポーズを

断るはずないですね。

お話はもちろんハッピーエンド。

 

このショートストーリーを読んだ時、ふっと気持ちが温かくなって、

良かったね!と思うと同時に、

紅茶でも良かった、ダージリン紅茶!と思ったのでそうが、

そんなことを考えるのは、私くらいかしらん、と思います。

 

写真の絵は、

森瑤子さんのエッセイに挿絵を描いた、橋本シャーンさんの作品。

どこの国の人か謎でも、魅力的で傍らに紅茶のあるこのシーン。

この女性も、きっと素敵な香りをまとっていることでしょう。

ロチャンティー ・ジャパン株式会社

(ダックティー国内独占販売権所有)

〒186-0003 東京都国立市富士見台4-39-5-524

Tel&Fax: 042-572-4228

E-Mail: info@lochanteajapan.com


©Lochan Tea Japan, All rights reserved. 一部の画像を除き本サイトで使用している画像およびロゴはインドLochan Tea社の登録商標ならびロチャンティー・ジャパン㈱の著作物です。